肥満は万病のもと?ゼニカルでしっかり解消しましょう

肥満は万病のもとですよね。最近は日本でも肥満やメタボの人が増えています。外食産業が発展し、食生活が欧米化してからというもの、肥満は日本でも多くの問題を産んでいます。肥満をそのままにしておくとどのような悪影響が体に起こるのでしょうか。

肥満は万病のもと!解消していきましょう

肥満は様々な健康被害を起こます。体に脂肪がつきすぎているとまず、基礎代謝が落ちます。血液や栄養の循環が悪くなり、便秘を始め冷え性や動脈硬化などの体の不調が次々に起こります。体は、綺麗な栄養をパランスよく摂りいれて、老廃物をしっかり排出することが健康を保つことができるのですが肥満状態ではそれが妨げられてしまうのです。
代謝が落ちると、ホルモンのバランスも乱れていきます。ホルモンの乱れは身体の様々な機能の正常な働きを妨げます。肥満の女性に不妊の方が多いのは肥満によって妊娠に重要なホルモンが乱れているからでしょう。また、自律神経も乱れますから、自律神経失調症になる恐れもあります。
さらに肥満が進んでいけば慢性腎臓病や心筋梗塞、痛風など様々な生活習慣病へとつながっていきます。肥満の人は多いし、たかが肥満で病気になんてならないだろうと思っていると、あっという間に体調が悪くなり命取りになってしまうことだってあるのです。肥満は万病のもとというよりも肥満自体が病気だというイメージでいると良いでしょう。
肥満気味だなと思ったら手遅れになる前にすぐに解消することが大切です。

ゼニカルなどの薬を使うのもオススメ

とはいっても、なかなか自分で肥満を解消するのは難しいもの。海外で定評のあるゼニカルなど効果的な薬を使ってストレスを抑えながらのダイエットもおすすめです。

関連する記事


About robertkulpa